複数端末への対応

男女

対策の重要性

企業においては、様々なデバイスを導入し業務に活用している。以前はパソコンのみが活用されていたが、最近ではパソコン以外にもタブレットやスマートフォンなどいくつかのデバイスを導入している企業が多い。さらに、これらのデバイスではオペレーションシステムが異なっていることもあり多様化している。マルチデバイスにおいては、そのセキュリティ対策も複雑化することが多い。セキュリティ対策では、通常は外部ネットワークとの接続部分で対策が行われるが、接続部分のみでの対策では不十分であることが多い。特に、ターゲットを絞ったメール攻撃などでは対策が難しい。そこで重視されているのが、エンドポイント管理である。エンドポイント管理は、端末でのセキュリティ対策などを管理することを意味している。各端末にセキュリティ対策ソフトを導入するなど、末端である端末で対策しようとするものがエンドポイント管理である。エンドポイント管理を行うには、端末に応じた対応が必要になる。それは、パソコンとスマートフォンなどでは対応しているセキュリティ対策ソフトが異なるなどそれぞれ管理する必要性が出る。また、エンドポイント管理を行う上で重視すべきこととして、外部メディアへの対応がある。USBメモリなどにおいては、管理が不十分なものが接続されるとそれを介してウィルス感染することがある。その為、これらのメディアへの接続制限を行うことなどもエンドポイント管理では必要になる。

Copyright© 2018 便利なツールでメール誤送信を食い止める【ツールがいろいろとある】 All Rights Reserved.